FANDOM


DCリバース(DC Rebirth)は2016年に始まったDCユニバースの大規模クロスオーバー・イベントである。2011年のフラッシュポイント・クロスオーバー以来継続していた出版シリーズ、「NEW 52」の終了に伴いスタートした。

名称はジェフ・ジョーンズが手がけた『グリーンランタン:リバース』や『フラッシュ:リバース』に基づいており、DCコミックスのキャラクターを初期の状態に戻し、新しい読者層のために基礎設定をアップデートすることを目的としている。現在も進行中のこのイベントでは、フラッシュポイント以前の世界観と、ポストクライシスの世界観の融合が図られている。

外部リンク編集

DCコミックスの主なクロスオーバー・イベント
1980年代 クライシス・オン・インフィニット・アース (1985) ・ レジェンズ (1986) ・ ミレニアム (1988) ・ インヴェージョン! (1989)
1990年代 アルマゲドン2001 (1991) ・ ウォー・オブ・ザ・ゴッズ (1991) ・ エクリプソ:ダークネス・ウィズイン (1992) ・ ブラッドラインズ (1993) ・ ゼロ・アワー (1994) アンダーワールド・アンリーシュド (1995) ・ ジェネシス (1997) ・ DCワンミリオン (1998) ・ デイ・オブ・ジャッジメント (1999)
2000年代 アイデンティティ・クライシス (2004) ・ インフィニット・クライシス (2005) ・ 52 (2006) ・ ワン・イヤー・レイター (2006) ・ ファイナル・クライシス (2008) ・ ブラッケスト・ナイト (2009)
2010年代 ブライテスト・デイ (2010) ・ フラッシュポイント (2011) ・ NEW 52 (2011) ・ トリニティ・ウォー (2013) ・ フォーエバー・イービル (2013) ・ コンバージェンス (2015) ・ DCリバース (2016)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki