FANDOM


この記事はレックス・ルーサーナビゲーション・ページです。

レックス・ルーサー(Lex Luthor)は計り知れない知性を持つスーパーヴィランにして天才的な科学者、億万長者の実業家、そしてスーパーマン最大の宿敵である。

ルーサーは身体的な特殊能力は持っていないが、それを補って余りある知力、財力、権力によって、地球上でもっとも手強いヴィランのひとりとなった。たびたび自分の計画を妨害してくるスーパーマンへの個人的な復讐心に加え、ルーサーはイデオロギーの見地からもこの“マン・オブ・スティール”を軽蔑している。彼は自らの人間としての業績が、異星人のスーパーヒーローによって踏みにじられていると感じているのである。ルーサーは自身が経営するレックスコープの不正取引問題でたびたび世間の論争の的となるが、一方で政治的な人気も維持している。ルーサーはインジャスティス・ギャングインジャスティス・リーグシークレット・シックスソークレット・ソサエティ・オブ・スーパーヴィランズプロジェクト7734のメンバーである。

アース別のレックス・ルーサー編集

アレクセイ・ルーサー (オリジナルのアース2)
アレクシス・ルーサー (オリジナルのアース1)
アレクサンダー・ルーサー (ニューアース)
アレクサンダー・ルーサー (プライムアース)

歴史編集

レックス・ルーサーはジェリー・シーゲルジョー・シャスターによって創り出され、1940年の『Action Comics #23』で初登場を果たした。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki