FANDOM


この記事はマーシャン・マンハンター/ジョン・ジョンズ/ジョン・ジョーンズナビゲーション・ページです。

マーシャン・マンハンター(Martian Manhunter)、別名ジョン・ジョンズ(J'onn J'onzz)、あるいはジョン・ジョーンズ(John Jones)は火星からやってきたスーパーヒーローで、彼の種族の最後の生き残りである。

火星の大災害で妻や娘を失って1人きりになり、悲しみに打ちひしがれて気がおかしくなりかけていたジョン・ジョンズは、サウル・アーエル博士の行った実験のアクシデントで地球にテレポートされた。それ以来、マーシャン・マンハンターは新しい環境に適応し、この星のヒーローとして活動するようになった。彼は生まれつき超人的なパワー、スピード、頑強な肉体、飛行能力、変身能力、透明化、テレパシーといった数々の能力を備えている。彼はジャスティス・リーグのメンバーで、ほぼ全世代を通してこのチームに籍を置いている。彼は生まれ故郷の火星と同じくらい地球を愛しており、第2の故郷として平和の維持に務めている。正体を隠していた頃、彼はハードボイルドな警察官に変装していた。

ユニバース別のマーシャン・マンハンター編集

ジョン・ジョンズ (ニューアース)
ジョン・ジョンズ (プライムアース)
ジョン・ジョンズ (アローバース)

歴史編集

マーシャン・マンハンターはジョゼフ・サマックソンジョー・サータによって作り出された。初登場作品は1955年発売の『Detective Comics #225』。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki