FANDOM


ビフォア・ウォッチメン:コメディアン/ロールシャッハ』は2013年11月にヴィレッジブックスから発売された単行本である。『ウォッチメン』の前日譚を描くコミック・シリーズ、『ビフォア・ウォッチメン』の単行本第1巻。

コメディアン編はブライアン・アザレロ作、J・G・ジョーンズ画。ロールシャッハ編はブライアン・アザレロ作、リー・ベルメホ画。

出版社による作品紹介編集

DCコミックスが誇る豪華スタッフが集結!

世紀の一大プロジェクトを見逃すな!

80年に及ぶアメリカンコミックスの歴史の中で、誰もがその最高傑作と認める『ウォッチメン』。 アラン・ムーアによる全12話のシリーズは、発表から四半世紀を経た今なお、並ぶ物のない輝きを放っている。 2009年に映画化され、さらに多くのファンを獲得し、2012年2月、DCコミックスは、その前日譚となる『ビフォア・ウォッチメン』シリーズの刊行を発表し、コミックスシーンを騒然とさせた。 ライターにブライアン・アザレロや、J.マイケル・ストラジンスキー、アーティストに、J.G.ジョーンズ、リー・ベルメホらと、当代を代表する実力派クリエイターをそろえ、コメディアン、ロールシャッハなど、『ウォッチメン』のメインキャラクターそれぞれを主役とした9つのミニシリーズを刊行するというプロジェクトがスタートした。

邦訳第1弾となる本作『ビフォア・ウォッチメン:コメディアン/ロールシャッハ』は、『ウォッチメン』という作品の重大なテーマである矛盾を象徴したコメディアン、シリーズ最大の人気キャラクターであるロールシャッハの二人を主役とした2作を収録。 ケネディ兄弟の盛衰を軸に近代アメリカ史を重ねた「コメディアン」編と、1977年7月のある事件に焦点を絞った「ロールシャッハ」編は、重厚な内容かつ、2度3度と読み返す事で大きく印象が変わる、緻密な構成の作品となっている。[1]

登場人物編集

未稿

外部リンク編集

脚注編集

ウォッチメン
キャラクター オジマンディアス · コメディアン · シルクスペクター2世 · Dr.マンハッタン · ナイトオウル2世 · ロールシャッハ
ビフォア・ウォッチメン コメディアン/ロールシャッハ · ミニッツメン/シルク・スペクター · ナイトオウル/Dr.マンハッタン · オジマンディアス/クリムゾン・コルセア
その他 ウォッチメン (映画)
[ テンプレート ]

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki