FANDOM


この記事はヒッポリタナビゲーション・ページです。

ヒッポリタ(Hippolyta)はアマゾン族の指導者で、ワンダーウーマンことダイアナの母親である。男の力を借りずに命を創造するため、ヒッポリタは粘土をこねて娘を形づくり、そこへ神々が命を吹き込んだ。ヒッポリタがヘラクレスに乱暴されて以来、彼女たちアマゾン族は外の世界から孤立して生活していた。ヒッポリタは“セミッシラ”とも呼ばれるパラダイス島で女だけの社会を女王として支配している。また、ヒッポリタは娘の代わりにワンダーウーマンとして活動したり、ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカのメンバーだったこともある。

ユニバース別のヒッポリタ編集

ヒッポリタ (オリジナルのアース2)
ゴールデン・エイジに描かれた最初のヒッポリタ
ヒッポリタ (オリジナルのアース1)
ヒッポリタ (ニューアース)
ヒッポリタ (プライムアース)
ヒッポリタ (NEW 52のアース1)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki