FANDOM


この記事はバーバラ・ゴードンナビゲーション・ページです。

バーバラ・ゴードン(Barbara Gordon)はゴッサムシティのクライムファイターで、バットマン・ファミリーの一員にして、ゴッサムシティの刑事ジェームズ・ゴードンの娘である(ユニバースによっては姪の場合も)。バーバラはバットマンや初代ロビンの傍らで戦うバットガールとしてヒーローの活動を始め、図書館司書としての私生活を守りながら、高い知性や探偵能力を活かして悪と戦った。「キリングジョーク」でジョーカーに撃たれ下半身不随になった後は、車椅子に座ったオラクルとして大規模な通信ネットワークとスパイネットワークを駆使し、バットマンをはじめとするスーパーヒーローたちを影から支援するようになった。その後、バットガールの名前はカサンドラ・ケインステファニー・ブラウンらによって引き継がれた。ちなみに、プライムアースのバーバラは下半身不随から回復し、バットガールに復帰している。バットガールはバーズ・オブ・プレイの創設メンバーで、ジャスティス・リーグスーサイド・スクワッドの活動に関わったこともある。

ユニバース別のバーバラ・ゴードン編集

バーバラ・ゴードン (オリジナルのアース2)
バーバラ・ゴードン (オリジナルのアース1)
バーバラ・ゴードン (ニューアース)
バーバラ・ゴードン (プライムアース)

歴史編集

バーバラ・ゴードンはガードナー・フォックスカーマイン・インファンティーノによって作り出され、1967年の『ディテクティブ・コミックス』#359で初登場を果たした。1989年、ジョン・オストランダーによる『スーサイド・スクワッド』#23にてオラクルとして再登場。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki