FANDOM


バットマン ゴッサムナイト』(Batman: Gotham Knight)は2008年に発売された、アニメ映画である。

概要編集

DCUAOM第3作。2008年7月8日にアメリカでDVDがリリースされた。
2008年の映画『ダークナイト』のタイインとして制作された。ダークナイト・シリーズと同じユニバース(ノーランバース)のストーリーで、時間軸は『バットマン・ビギンズ』と『ダークナイト』の間の出来事が描かれる。日本のアニメ会社によって制作された、全6話のアンソロジー形式の映画で、いろいろな視点からバットマンの様々な姿が描かれている。

公式サイトによるあらすじ編集

マッドハウス、プロダクション I.G、STUDIO4℃ 制作、日本が世界に誇るトップ・クリエイターが贈るハイクオリティ・アニメーション!
ダークナイトへと続くバットマンの軌跡を体感せよ。バットマン短編アニメーション、6話オムニバス


1. 『俺たちのスゴい話』 制作:STUDIO4℃ 監督:西見 祥示郎

「バットマン」てどんなヤツ?4人のティーンエイジャーがそれぞれ自分が巻き込まれた「バットマン」と悪者との戦いを自慢げに仲間に話して聞かせるが・・・・。
噂だけは耳にしたことがあるがまだ誰も実物を見たことがない「バットマン」が、こうもり、ロボット、影など、様々な姿で登場する第一話。

2. 『クロスファイア』 制作:プロダクション I.G 監督:東出 太

「バットマン」は果たして敵か見方か?懐疑的な意見を持つアレン刑事はラミレス刑事と共にバットマンが捕まえた脱走犯をアーカム刑務所に護送した帰り道、イタリア系とロシア系のマフィアの抗争に巻き込まれる。マシンガンの十字砲火を浴びて微動だに出来ない二人が炎の中に見たものとは・・・・。

3. 『フィールドテスト』 制作:プロダクション I.G 監督:モリヲカヒロシ

フォックスが新たに開発した防弾装置を身につけ、マフィア同士の抗争の真っ只中に飛び込んだバットマンに、思いがけない事態が巻き起こる・・・・。
バットマンが「ダークナイト」と言われるようになるまでの片鱗が垣間見れるエピソード。

4. 『闇の中で』 制作:マッドハウス、監督:青木 康浩

教会の枢機卿がキラークロックに連れ去られた。ゴードンとバットマンはスケアクロウが手引きをしていると見て地下道に捜索に入るが、キラークロックとの戦闘で体に毒が入り込み、幻覚に惑わされる・・・・。
キラークロックやスケアクロウとの戦闘シーンが秀逸な一話。

5. 『克服できない痛み』 制作:STUDIO4℃ 監督:窪岡 俊之

地下道で逃走犯に銃で撃たれ、痛みに苦しむバットマン。出口を探して彷徨ううち、インドで「痛みを克服」する修行のため、カサンドラに師事していた頃を思い出す。
「痛み」とは克服するものではなく「折り合い」をつけるものだというカサンドラ。しかしブルース・ウェインには克服も折り合うことも出来ない痛みが存在した。

6. 『デッドショット』 制作:マッドハウス

ロシア系マフィアがゴードンを暗殺しようと、デッドショットという殺し屋を雇い執拗に命を狙う・・・・。
高速で走る列車の上での躍動感あふれるデッドショットとバットマンの戦闘シーンは必見!

登場人物編集

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

ソフト編集

バットマン ゴッサムナイト(ブルーレイ)
本編+映像特典
・ゴッサム・シティーに潜む悪
・バットマンと私:ボブ・ケインのストーリー
ブルース・ティムによるバットマン アニメ・シリーズ
  バットマン「ダークナイトの伝説」(The New Batman Adventures #19)
  バットマン「氷の心を持つ男 〜怪人ミスター・フリーズ〜」(#14)
  バットマン「最大の危機」(The New Batman Adventures #12)
  バットマン「闇の騎士」(#49)
バットマン ゴッサムナイト(DVD)

外部リンク編集

バットマン ゴッサムナイト ワーナー・ブラザース公式

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki