FANDOM


バットマン:梟の法廷』(Batman: The Court of Owls)は2013年1月に小学館集英社プロダクションから発売された翻訳単行本。NEW 52バットマンの最初のストーリーアークの『梟の法廷』が収録されている。
過去に登場した有名なヴィランではなく、初登場の梟の法廷をバットマンのメインの敵に設定した、NEW 52による新しい出発を強調した意欲作。

出版社による作品紹介編集

DCユニバースの設定を再構築させ、リニューアルさせた”ニュー52″シリーズ。そのシリーズ大本命の「バットマン」誌が満を持しての登場!

ゴッサムの片隅で殺人事件が起こった。現場に駆けつけたバットマンは「ブルース・ウェインは明日死亡する」という不穏なメッセージを目にしてしまう。その予言どおり、バットマンは暗殺者に命を狙われてしまう。さらに謎の組織”梟の法廷”の罠にはまり、迷宮に閉じ込められてしまうのだが……。はたして、バットマンはこの謎が解けるのだろうか? ナイトウィング、ティム・ドレイク、バットマンの息子ダミアンなどバットファミリーが総出演する本作は、リニューアル第一号にふさわしい作品です。また、コミックの限界を超えた奇抜な演出も必見です![1]

登場人物編集

メイン・キャラクター編集

味方編集

ヴィラン編集

  • アーカムの囚人

その他編集

収録作品編集

  1. バットマン Vol 2 #1 (Batman #1)
  2. バットマン Vol 2 #2 (Batman #2)
  3. バットマン Vol 2 #3 (Batman #3)
  4. バットマン Vol 2 #4 (Batman #4)
  5. バットマン Vol 2 #5 (Batman #5)
  6. バットマン Vol 2 #6 (Batman #6)
  7. バットマン Vol 2 #7 (Batman #7)

脚注編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki