FANDOM


バットマン:梟の夜』(Batman: Night of the Owls)は2013年8月に小学館集英社プロダクションから発売された翻訳単行本。バットマン:梟の街のタイイン・タイトルを集めた、NEW 52のバットマン・シリーズの単行本である。
バットマン Vol 2 #8〜9を中心に、複数のバットマン系タイトルで行われたクロスオーバーイベント「梟の夜」を収録し、バットマン以外のバット・ファミリーによる、梟の法廷との戦いが描かれる。

出版社による作品紹介編集

「梟の法廷」「梟の街」「梟の夜」――バットマン“梟”三部作、ここに完結!

第1巻『バットマン:梟の法廷』、そして第2巻『バットマン:梟の街』に続く第3巻『バットマン:梟の夜』は、第1巻と第2巻を補足するクロスオーバー作品(サイドストーリー集)。謎の組織「梟の法廷」と対峙するバットマン。その裏側で、相棒のロビンナイトウィング、そしてレッドフードバットガールキャットウーマン達は何をしていたのか? 「梟の法廷」を中心に巻き起こる事件にどのように関わっていたのか? 本作品を読んではじめて、“梟”三部作が完結する。謎めいたストーリーと畳みかけるようなアクションが絶妙にブレンドされ、オールカラーで描かれたアメコミの醍醐味を味わわせてくれる。最先端のアメコミをとくと見よ![1]

登場人物編集

メイン・キャラクター編集

味方編集

ヴィラン編集

その他編集

収録作品編集

  1. バットマン Vol 2 #8『招集』(Batman #8)
  2. バットウィング #9『戦力外通告』(Batwing #9)
  3. バットガール Vol 4 #9『風船爆弾の脅威』(Batigirl #9)
  4. バットマン&ロビン Vol 2 #9『コマツグミ対フクロウ』(Batman and Robin #9)
  5. ナイトウィング Vol 3 #8『血統』(Nightwing #8)
  6. レッドフード&アウトローズ #9『仮面の下で』(Red Hood and the Outlaws #9)
  7. ディテクティブ・コミックス Vol 2 #9『アーカム襲撃』(Detective Comics #9)
  8. バーズ・オブ・プレイ Vol 3 #9『殺しの美学』(Birds of Prey #9)
  9. ナイトウィング Vol 3 #9『灰色の息子』(Nightwing #9)
  10. キャットウーマン Vol 4 #9『似た者同士』(Catwoman #9)
  11. オールスター・ウェスタン Vol 3 #9『ニューオーリンズの復讐』(All-Star Western #9)

脚注編集

関連作品編集

イベントのメインタイトル

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki