FANDOM


この記事はドクター・フェイトナビゲーション・ページです。

ドクター・フェイト(Doctor Fate)はロード・オブ・オーダーのエージェントとして、ロード・オブ・カオスと戦う魔術の世界のスーパーヒーローである。彼はアヌビスのお守り運命のマントフェイトのヘルメットなどの装備を身につけている。初代のケント・ネルソンナブーからパワーを与えられ、セーラムフェイトの塔を拠点に活動した。エリック・シュトラウスは、ネルソンの死後に選ばれた次のドクター・フェイトであり、後にリンダ・シュトラウスと融合し、ナブーから独立したドクター・フェイトとなった。ケント・ネルソンの妻インザ・クレーマーも、後にマントを与えられた。『ゼロ・アワー』の後、新しくジャレッド・スティーブンスがパワーを手に入れ、単なるフェイトと名乗った。さらに、その後ホークマンの息子のヘクター・ホールが『JSA:ジャスティス・ビー・ダン』にて受け継いだ。そして、最初のドクター・フェイトの兄弟の孫にあたるケント・V・ネルソンが『カウントダウン・トゥ・ミステリー』にて後を継いだ。
NEW 52のリブート後はカーリド・ベン=ハッシンアース2のフェイトとして登場している他、プライムアースでも、DC Youのミニリランチにてカーリド・ナッソーがドクター・フェイトとなった 。ドクター・フェイトはジャスティス・ソサエティジャスティス・リーグオールスター・スコードロンセンチネルズ・オブ・マジックなどに参加している。

ユニバース別のドクター・フェイト編集

ケント・ネルソン編集

ケント・ネルソン (ニューアース)
ケント・ネルソン (プライムアース)
ケント・ネルソン (52のアース16)
アニメ『ヤング・ジャスティス』に登場するドクター・フェイト
ケント・ネルソン (ヤング・スーパーマン)
ドラマ『ヤング・スーパーマン』に登場するドクター・フェイト

ナブー編集

ナブー (ニューアース)
ナブー (プライムアース)
ナブー (52のアース16)
アニメ『ヤング・ジャスティス』に登場するナブー

その他編集

エリック・シュトラウス (ニューアース)
リンダ・シュトラウス (ニューアース)
インザ・クレーマー (ニューアース)
ジャレッド・スティーブンス (ニューアース)
ヘクター・ホール (ニューアース)
ケント・V・ネルソン (ニューアース)
カーリド・ベン=ハッシン (NEW 52のアース2)
カーリド・ナッソー (プライムアース)

ドクター・フェイトのコミック編集

モダン・エイジ編集

イモータル・ドクター・フェイト
1985年のシリーズ。全3号。過去に刊行されたドクター・フェイトの登場する話のリプリント。
ドクター・フェイト Vol 1
1987年のリミテッド・シリーズ。全4号。
ドクター・フェイト Vol 2
1988年〜1992年のオンゴーイング・シリーズ。全41号とアニュアル1号。
当初はエリックとリンダのストーリーだったが、#25からインザがドクター・フェイトとして登場する。
フェイト
1994年〜1996年のオンゴーイング・シリーズ。全23号。
フェイトはジャレッド・スティーヴンス。
ブック・オブ・フェイト
1997年~1998年のオンゴーイング・シリーズ。全12号。
引き続き、ジャレッド・スティーヴンスがフェイトとなっている。
ドクター・フェイト Vol 3
2003年~2004年のリミテッド・シリーズ。全5号。
ドクター・フェイトはヘクター・ホール。
ヘルメット・オブ・フェイト
2007年のリミテッド・シリーズ。全5号。
DCユニバースでも、そこまで知られていないキャラクターたちがフェイトのヘルメットをめぐる、ワンショットのシリーズ。
カウントダウン・トゥ・ミステリー
2007年~2008年のリミテッド・シリーズ。全8号。
ケント・V・ネルソンがドクター・フェイトとなる。

NEW 52以降編集

ドクター・フェイト Vol 4
2015年~2017年のオンゴーイング・シリーズ。全18号。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki