FANDOM


この記事はスーパーマン/カル=エル/クラーク・ケントナビゲーション・ページです。

スーパーマン(Superman)、別名マン・オブ・スティールDCユニバース最強のスーパーヒーローの1人である。怪力、スピード、吐息による凍結能力、飛行能力、透視能力、眼から放つ熱線"ヒートビジョン"、太陽光のエネルギーによる再生能力など、さまざまな超人的パワーを備えている。

スーパーマンは滅亡の危機に瀕していた惑星クリプトンカル=エル(Kal-El)という名で生まれた。まだ赤ん坊の頃、彼は両親のジョー=エルララによってロケットに乗せられ、地球に送られる。最後のクリプトン人となったカル=エルはジョナサンマーサ・ケント夫妻に拾われ、彼らの息子クラーク・ケント(Clark Kent)としてカンザス州のスモールヴィルで育った。クラークは清廉潔白な男に成長し、ラナ・ラングピート・ロスといった生涯の友を得る。彼は正体を隠してメトロポリスに移り住み、デイリー・プラネット社のレポーターとなった。彼はこの大都市で仕事仲間のペリー・ホワイトジミー・オルセン、そして後に恋人となる女性ロイス・レーンらと親しくなった。彼の最大の敵は、天才的な頭脳を持つスーパーヴィラン、レックス・ルーサーである。故郷クリプトンの記憶と遺産を守り、二重生活や冒険の息抜きをするため、スーパーマンは北極に“孤独の要塞”と呼ばれる巨大な秘密基地を持っている。スーパーマンはクリプトンと地球の両方を故郷として誇りに思い、両親や育て親から学んだ教訓を胸に刻んでいる。地球人から見てよそ者であるにも関わらず、彼は地球人の人間性を高く評価し、真実、正義、そしてアメリカのために悪と戦う。

スーパーボーイスーパーガールをはじめ、スーパーマンは複数のヒーローに影響を与えている。また、彼はジャスティス・リーグ・オブ・アメリカリージョン・オブ・スーパーヒーローズの一員である。

ユニバース別のスーパーマン編集

カル=エル (オリジナルのアース2)
ゴールデン・エイジに描かれたオリジナルのスーパーマン。
カル=エル (オリジナルのアース1)
シルバー・エイジのスーパーマン。
カル=エル (ニューアース)
カル=エル (プライムアース)
カル=エル (DCEU)

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki