FANDOM


この記事はジョー・チルナビゲーション・ページです。

ジョー・チル(Joe Chill)は、トーマスマーサ・ウェインを殺害した、クライム・アレイをうろつく小物の犯罪者で、バットマンが生まれるきっかけを作った人物である。彼の立場はDCコミックスの長い歴史の中で、時代によって少しずつ異なっている。ウェインの殺害は、単独の犯行であったり、マフィアのボスのルー・モクソンの依頼によるものだったり、または全く犯行に関わっていないという場合もある。息子のジョー・チル・ジュニアは、二代目リーパーとなりバットマンと戦った。

ユニバース別のジョー・チル編集

ジョー・チル (オリジナルのアース2)
ジョセフ・チルトン (オリジナルのアース1)
ジョセフ・チルトン (ニューアース)
ジョセフ・チルトン (プライムアース)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki