FANDOM


ジュリアス・“ジュリー”・シュワルツ(Julius "Julie" Schwartz)はアメリカのコミック編集者、SF著作権エージェント、作家である。ニューヨーク州ブロンクス出身。長きに渡ってDCコミックスの編集者を務め、スーパーマンバットマンといったDCの主力スーパーヒーローの掲載雑誌に携わった。

生い立ち編集

1915年6月19日、ルーマニアのブカレスト郊外にある小さな街から移住してきたルーマニア系ユダヤ人の両親のもとに生まる。ニューヨーク州ブロンクスのコールドウェル・アベニューに住み、17歳でセオドア・ルーズベルト・ハイスクールを卒業した。

キャリア編集

1932年、シュワルツは最初のSFファン雑誌のひとつである『タイム・トラベラー』をモート・ウェイシンガーやフォレスト・アッカーマンらと共同で出版した。シュワルツとウェイシンガーはまた、SF作品の著作権を取り扱うSolar Sales Service literary agencyを設立し、アルフレッド・ベスター、スタンリイ・G・ワインボウム 、ロバート・ブロック、レイ・ブラッドベイ、H・P・ラヴクラフトといった有名なSF作家の代理人を務めた。1939年には最初の世界SF大会の開催にも携わっている。1944年、シュワルツはDCコミックスの前身のひとつであるオールアメリカン出版社の編集者になった。シュワルツは同社のコミック事業のためにベスターを雇用した。

シルバー・エイジ編集

1956年、シュワルツは作家のロバート・カニアー、アーティストのカーマイン・インファンティーノジョー・キューバートらと組み、DCコミックスでは初めてとなるヒーローのリバイバルに取り組んだ。こうして生まれたのが、2代目のフラッシュの初登場作となった『ショーケース』#4である。SF志向の新フラッシュは評判が良く、ブームは他のヒーローにも波及し、コミック研究家の言う“アメリカン・コミックのシルバー・エイジ”が始まった。その後シュワルツは作家のジョン・ブルームガードナー・フォックスらとともに『ショーケース#22』(1959年)でグリーンランタン、『ブレイブ・アンド・ボールド#34』(1961年)でホークマン、『ショーケース#34』(1961年)でアトムのリバイバル版を送り出している。また、シュワルツは自身でもアダム・ストレンジという新キャラクターを創り出した(1958年『ショーケース#17』で初登場)。彼の作品はスーパーヒーローよりもウィットやSFの知識を活用して問題を解決する点で独自性が高かった。

ヒーローチームのジャスティス・ソサエティジャスティス・リーグとして一新させたのもシュワルツである。ジャスティス・リーグはガードナー・フォックスとマイク・セコウスキーによる『ブレイブ・アンド・ボールド#28』(1960年)でデビューし、年内には独自のシリーズを持つまでになった。本作はシルバー・エイジでもっとも成功したシリーズのひとつとなる。

1960年、シュワルツはエロンゲイテッド・マンの初登場作である『フラッシュ』(ジョン・ブルーム作、カーマイン・インファンティーノ画)の編集を務めた。

1964年、シュワルツは人気が落ちていたバットマンのリバイバルを手がける。彼の編集上の指示に従い、ブルームとインファンティーノはエース・ザ・バットハウンドバットマイトといったコミカルな側面を削ぎ落とし、『ディテクティブ・コミックス#327』で新ビジュアルのバットマンを登場させた。バットマンのドラマのおかげでキャラクターの人気が上がると、ドラマのプロデューサーであるウィリアム・ドージアから女性ヒーローのアイデアが提案され、シュワルツ、ガードナー・フォックス、インファンティーノはバーバラ・ゴードンを新バットガールとして『ディテクティブ・コミックス#359』に登場させた。

シュワルツは作家デニス・オニールとアーティスト・ニール・アダムスのDCコミックス誌面での活躍を後押しした。2人はシュワルツの指示でバットマンをダークで影のあるキャラクターとして描き直した。シュワルツは1979年まで『ディテクティブ・コミックス』や『バットマン』の編集を続けた。

シュワルツは1971年から1986年まで『スーパーマン』の編集を務め、シリーズの設定の現代化や、ギミック重視のストーリーからキャラクター重視のストーリーへの転換を手助けした。。その一環としてスーパーマンのパワーのスケールダウンや、プロットデバイスとして使われすぎていたクリプトナイトの排除などが行われた。しかしこの試みは短命に終わり、しばらくしてシュワルツは両要素を復活させている。1978年、シュワルツは『DCコミックス・プレゼンツ』の創刊を手がけ、#97まで編集に携わった。

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki