FANDOM


ジャスティス・リーグ:魔性の旅路』(Justice League: The Villain's Journey)は2013年6月に小学館集英社プロダクションから発売された翻訳単行本。NEW 52ジャスティス・リーグの第二弾で、二つ目のアークの「魔性の旅路」が収録されている。

出版社による作品紹介編集

バットマン、スーパーマン、グリーンランタン、フラッシュ、ワンダーウーマン、アクアマン、サイボーグ――7人で結成されたヒーローチームが誕生してから数年後、彼らは世界一のヒーローチームとして認められ、世界中の人々に愛されていた。だが、すべての人がそう思っているわけではなかった。無垢な人々を守ろうと努力を重ねても、すべての人を救うことは不可能である。ジャスティス・リーグの面々は、勝利の陰に大いなる敗北の種が植えられていることに気づくことはなった。悲劇を体験して、大きな存在に生まれ変わるのは、ヒーローだけではない。ヴィランもまた同じである。悪が歩む暗き旅路の果てには、ジャスティス・リーグの破滅が待ち構えている……。世界一のスーパーヒーローたちは、暗い闇の底への旅から無事に生還することができるのか? さらに物語はDCコミックスの歴史に刻まれる衝撃の結末を迎える。[1]

登場人物編集

メイン・キャラクター編集

味方編集

ヴィラン編集

その他編集

収録作品編集

Editicon このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

脚注編集

外部リンク編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。