FANDOM


概要編集

経歴編集

誕生~船の”事故” 編集

スターリングシティの名士であるクイーン家の当主ロバート・クイーンの息子として生まれ育ったオリバー・クイーンは、同じく大金持ちの御曹司である親友のトミー・マーリンと共にプレイボーイとして名を馳せ、毎晩のようにパーティに明け暮れていた。

ある日、父ロバートと共に私船クイーンズ・ガンビット号でのクルージング旅行に出る際、当時恋人であったローレル・ランスの妹サラを連れて出発する。この時オリバーは彼女と浮気していた。

しかし航行中に船が事故に遭い転覆ののちに沈没。サラと海中で離れ離れになり、オリバーは彼女が死んだと思い込んだ。のちにこの事故はロバートの親友であり仕事上でもパートナーだったマルコム・マーリン(オリバーの親友トミーの父親)、そしてロバートの妻でありオリバーの母であるモイラ・クイーンの手によって仕組まれたものだったことが明らかになる(モイラはオリバーが船に乗っていることを知らなかった)。

オリバーとロバート、そしてひとりの船員が事故を生き延びて救命ボートで脱出する。限られた物資の中で息子を生き延びさせるため、ロバートは持っていた拳銃で船員を射殺したのち自殺する。オリバーは数日間ボートで生き延びたが力尽きてしまう。

リアン・ユーへの漂着 編集

オリバーはある島の浜辺に流れ着いて目を覚ます。島を無人島だと思い込んだオリバーはロバートを埋葬するが、彼のポケットから小さな手帳を見つける。手帳を開くが中は真っ白で読めなかった。その時突然現れた男に肩を矢で射られ、彼はふたたび気を失ってしまう。男が根城にする洞窟内のキャンプで傷の手当てをされ目覚めたオリバーは、男が眠っている間に脱走を試みるがトラップにかかり吊るされる。ほどなくして彼を追ってきた男はヤオ・フェイと名乗り彼を解放、オリバーは仕方なくヤオ・フェイについて行く。突然ヤオ・フェイに隠れるよう促され茂みに隠れたオリバーは、武装した男たちが何かを探しているのを目撃する。オリバーは彼らを恐れ、仕方なくヤオ・フェイと行動を共にすることになる。

スレイド・ウィルソンとミラクル 編集

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

香港とヤマシロ一家、A.R.G.U.S. 編集

再びリアン・ユーへ、ライターと闇の魔法 編集

ロシアでの戦い 編集

スターリングシティへの帰還、復讐の始まり 編集

トリビア編集

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品編集

Editicon.png このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki